ファスティングする時のレシピは?

現在のファスティングでは、実行期間中に水やノンカフェインのお茶といったものだけでなく野菜ジュースや酵素ジュースを飲みながら過ごすものも多いです。ある程度のカロリーをとることで、ファスティング期間は格段にのりきりやすくなります。しかし最低でも1日や2日といった比較的長い間、固形物をとらないで過ごすことになるため、ファスティング前後の食事の内容には十分気を配る必要があります。具体的には実行の前日、そして実行後の数日間です。
ファスティング前日の夕食は、当日のファスティングの効果を高めるために油分の少ない、あっさりとしたものを食べるようにしなければなりません。おすすめのレシピは豆腐や野菜を使った和食です。魚や半熟の卵も消化がいいので、たんぱく源として優秀です。卵を落としたおかゆといったレシピもいいですね。洋食派の人も、油を控える・消化のいいものをとる、といった点を守っていただければ大丈夫です。いずれにしても腹八分を目安に食べ過ぎないように注意します。
またファスティングを行った後は、胃が空っぽの状態になっています。ですから、ここでがっつりしたものを食べてしまうとファスティングの効果がなくなってしまうどころか、胃に負担をかけてしまい体調不良の原因にもなりかねません。初めはおかゆなどの半固形物から食事を始める必要があります。豆乳で作ったノンオイルの野菜ポタージュといったレシピでもよいでしょう。それから少しずつ消化のいいものから固形物をとりはじめ、段階を踏んで普通食に戻していくのが成功の鍵です。